null+

モニターヘッドフォン5選

   

深夜に音楽をやろうと思うとどうしても気になるのが騒音。それがもうドシロウトの作る適当音楽なら尚更です。

いわゆるチューニングしているヘッドフォンは完成品を聴く際にはとってもいいのですが、自作しようとするとニュートラルな音で作業したい。そんな時に必要になるのがモニターヘッドフォンです。

さて、

ただ問題がひとつ。そんなに詳しくもないのにどうやって選べば…そんな時にふと思い出したのが、この動画です。

数年前に散々流行ったのでご存じかと思いますが、このムービーを見るとわかる通り、各国の歌い手さんがスタジオで録音しているではありませんか!ディズニーの音源を録音するのに変なスタジオで録音しているわけでもないですし、ここでたくさん使われているモノを選べば間違いなし。(たぶん)…というわけで自分で判別出来たものをいくつかセレクトし、実際に店舗で視聴しつつ決めてみました。

まずは私が購入したのは「beyerdynamic DT770 PRO 32」

【国内正規品】beyerdynamic 密閉型オーバーヘッドヘッドホン レコーディングモニター用 DT 770 PRO 32

【国内正規品】beyerdynamic 密閉型オーバーヘッドヘッドホン レコーディングモニター用 DT 770 PRO 32

beyerdynamicの機種の中でも一番採用率が高く、レビューなどを見てもよさげな印象でしたのでコチラを選びました。感想としては耳がすっぽりと収まるため、耳が痛くなりにくい。コレが一番の決め手でした。音も低音から高音まで誇張しすぎず、かといってつまらないという印象も受けません。そういった意味では純粋に音楽を楽しむ用途にもいいのでは?と個人的には思います。※多少の音漏れはありますが、そんなバカみたいに大きな音でなければ問題ないかと。強いて言えばプラスチック感が安っぽく見えるのが難点でしょうか。そういったものが気になる人はAKGやSONYの方がいいかな?

音って実際聴いてみて自分で判断しないことには好き嫌いは判別できないと思いますので、下記にその他判別出来た機種をペタペタ貼っておきますね。お店で聞き比べるためのピックアップ機種として活用してみてください。

__

【国内正規品】beyerdynamic 密閉型オーバーヘッドヘッドホン スタジオ用 DT 250/80

【国内正規品】beyerdynamic 密閉型オーバーヘッドヘッドホン スタジオ用 DT 250/80

この機種も採用率高かったです。最後まで悩んだ機種ですが、Ω数がアンプではなくオーディオインターフェイスを介して利用するためちょっと出力不足?と感じたので諦めました。

Beyerdynamic DT150 Headset

Beyerdynamic DT150 Headset

音はよかったのですがでかい。でかすぎる!!beyerdynamicの製品は基本でかめなのですが、黒板消しがくっついているような印象はどうなんだ!?そんな理由で諦めました。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY製の中で最もつかわれていたのがこの機種。日本のスタジオに行くと大抵この機種が入っているそうです。超個人的な理由ではありますが、SONYあんま好きじゃないんです…そんな理由で却下。動画を見るとアジア圏での採用率が高いのが面白いです。

AKG プロフェッショナルスタジオモニター・クローズドヘッドフォン K271MK2 【国内正規品】

AKG プロフェッショナルスタジオモニター・クローズドヘッドフォン K271MK2 【国内正規品】

AKGの機種って見分けが難しい…たぶんこの機種が一番使われていると思うのですが…見た目は一番カッコいいと思ったのですが、なんとなく強度に不安が…

__

微妙な型番違いなどは他に見受けられましたが、おおよそこの5機種を抑えておけばきっと間違いないはず。です。それにしても世界各国で収録されているにも関わらず、beyerdynamic SONY AKGの3つのメーカーしか採択されていないとは思いもしませんでした。モニターっていうとshureって印象があったんですけどねぇ〜。曲の種類によって機種を使い分けたりするのかもしれませんが、ドシロウトが選ぶ基準としてこんな選び方をしてみました。ってことで。

 

Share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

 - Music