null+

iPad Pro届きました

   

すっかりご無沙汰になっていました…

先日、予約日の15時20分くらいに注文し、かなり早い注文だと思うのですが、北海道という立地柄、結局土曜日になってやっと到着しました。ほとんどの情報サイトでサイズ感や使い勝手のレビューは行われた後ということでなんだかなぁという気分ですが、せっかくですので簡単に紹介したいと思います。

比較

歴代のiPadと比較しているサイトは多かったのでMacBookProやAirを並べてみました。

左上 MacBookPro 15inch  右上 iPad Pro

左下 MacBookAir 11inch  右下 iPad mini

すごく…おっきいです。タブレットの特性上、手に持って使うことが多くなるのですが、(目から端末までの距離を考慮にいれると)感覚的にはMacBookPro 15inchとほぼ同じか、むしろアプリによって文字サイズが固定されている分大きく感じます。せっかくの大画面なのに一覧表示される量が通常のiPadなどと同じではもったいないような気がします。ここらへんはアプリ側の対処の仕方だとは思うのですが、個人的にはもっとまとめて表示させたいところです。

わかっていたことですが、キーボードとペン(注文済み)がないと、でっかいiPadです(笑)

ただ、このサイズ感が心地よいと思うのは下の写真のような状況。

比較

自炊した「かくかくしかじか」と手に持った「ちはやふる」の比較ですが、ご覧の通りiPad Proの方が表示面積が大きいため、今までは単ページで読んでいたところを見開きで読むことが出来ます。WEB漫画などを書いている作家さんは基本、単ページを基準に作画構成していると思いますが、このような大きなタブレットが主流になれば、再び見開き的な考え方が出来るようになるかもしれません。

IMG_1728

持ち方ですが、各レビューサイトでは今までのタブレットのように手で掴むように持って「手がぷるぷるする」と表しているところが多いように見受けられますが、ここまでのサイズになるとそれはナンセンス。多少腕の長さの差違はあると思いますが、腕の関節と手で固定するような持ち方が安定しますのでオススメです。(縦持ち、横持ち大丈夫です)

その他目立ったところではスピーカー。今までのiPadのスピーカーが鼻歌を歌っている感じなら、iPad Proは腹から発声している感じ?音が端末内で反響しているのが分かります。明らかに「音が変わった!」と感じさせるのですからこの進歩は大きいです。この部分はなかなかお店で試すにしても難しい部分ですが、特に高音から中音のノビは素晴らしい。低音に関してはあともう一歩…という気持ちはありますが、板の中だけで鳴らすわけですからね。ごろごろしながらゲームや映像を見ると考えれば大満足です。

 

早くペンとキーボード届かないかなぁ

Share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

 - Gadgets