null+

2020年オリンピックのロゴから透けてみえる「これからのデザイン」

   

tokyo2020_olympics_logo_0オリンピックのロゴがついに発表されましたね〜。

超シンプルな形状を組み合わせた”だけ”に見えるだけに、評判はあまりよくないんだろうなぁとネットをチェックしてみたら案の定^^;

確かにこのロゴを見る限り、ロゴというよりは図形の要素の方が強く、文字としても読みにくいですし、パラリンピックの方に至っては説明を聞いてもこじつけ感が強いという印象。(よく使う手段ではあるのですが…ぇ)とはいえ、万人が満足するモノなど作れるわけもないですし、プリミティブな形状の中によく日本を詰め込んだなぁというのが個人的な感想です。

おそらくですが、ロゴ単体ではもっと優秀なロゴはあったのではないかと個人的に推測しています。しかしながら

動画を見て納得してしまいました。

このロゴは静止画はもちろんですが、動画としての機能も持たせた(最近流行り始めた)ロゴの考え方を採用しているわけです。

【参考】デザイナー・廣村正彰が語る、すみだ水族館のロゴに込めた”想い”

【参考】自由な変化を許容する「舞鶴赤れんがパーク」の新ロゴマーク

最近のデザインの流れから感じることは、「ロゴとはシンボルたるべき」という考え方から、「積極的に利用していくもの」に変化しつつあり、そのピークが東京五輪に集約されていくのではないかと考えています。また、世界に向けて、新しい日本を見せるために静止画のみのロゴから一歩進めてみようじゃないか。というデザイン提案の冒険が透けて見えます。

都会などでは当たり前になったデジタルサイネージ(電子看板)ですが、今後、紙媒体は減る方向にあります。

何が言いたいかっていうと、2020年に向けてデジタルサイネージが加速度的に増えることで、ロゴが静止画であることにこだわる必要がなくなっていくということです。また、それを決定付けるのが2020年になるのではないでしょうか。そのように考えていけば、複雑な形状が動くよりもシンプルな形状が動いていた方が人間の視覚にもやさしいですし、その図形の組み合わせが流れるだけで「オリンピックのロゴ」という認識にすり替わってしまうでしょう。

tokyo2020_olympics_logo_2

CM空けに使われたりすると自然にみえそう

このロゴの成果によって5年後のデザイン業界がガラっと変わってしまう可能性もあるだけに、個人的には注目していきたいと思います。

スタイル別 ロゴデザイン

スタイル別 ロゴデザイン

ロゴマークというのはデザインに関わる者にとっては最上級の仕事です。仕事の分量も洒落になりません。そこにこれからは映像の概念まで検討していかなければならないと考えると頭が痛いですね…

Share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

 - Art