null+

北海道には梅雨がない?

   

私は現在北海道に住み着いて4年目になるのですが、北海道住人はかたくなに「北海道には梅雨がない。」と言います。また、本州に住んでいる時も北海道は梅雨がなくて、初夏から夏にかけては快適らしいよ!と聞かされていました。

…が、

かれこれ2週間近く、雨はしとしと、気温も上がらず15度前後…

いや これ梅雨でしょ!?

六月頃降り続く長雨。また、その頃の季節。太陽暦で6月10日頃から7月10日頃までの間。(大辞林)

ふむ。やっぱり梅雨じゃね?って気はするのですが、あちらこちら気象関係のネタをあつかっているサイトやらを確認してみると、梅雨前線は北海道まで届くころにはかなり弱まっていて、本州でいうところの梅雨とは違うよ。というのが定説らしいです。

教えてGoogle先生!「北海道」「梅雨がない」カチャカチャターン

北海道のこの時期の長雨は蝦夷梅雨!

気象庁のいう梅雨は梅雨前線を基準に判断しているのですが、北海道のこの時期の長雨は、「蝦夷梅雨」と呼ばれ、毎年必ず起こるものではない独自の気象現象とのこと。ついでに出てきたキーワードに「リラ冷え」というものもあるのですが、こちらはライラックの咲く頃いったん気温が下がる現象で、蝦夷梅雨と時期がかぶるため、混同視されがちだけど、実際には違うみたいです。

ひょっとしたら、北海道の小中学生なんかは地理かなんかの授業でやっていて当たり前の知識かもしれませんが、他の地域から移り住んできたら正直、ただの梅雨にしか思えないので、今回調べてみてひとつ賢くなった気がします。

北海道にも(一応)梅雨はあるよ!

確かに、5月のGW〜9月にかけての北海道は、全般的に過ごしやすい日が多く、本州ではなかなかお目にかかれないような広大な景色を堪能することができますが、観光をしようと考えている方は、是非頭の片隅にでも覚えておいてください。

6月中旬〜7月初旬にかけては「蝦夷梅雨」というものがある。ということを。

_MG_2647

Share
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

 - Lifestyle